読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働かなければ。

働くジャニヲタ。働けジャニヲタ。

めぐま、怒っているの巻。

昨夜、

友人からLINEが届いた。

 

 

某チケット売買サイトを覗いたら、

嵐のツアーチケットの値段が

まじでヤバイ!

高すぎる!

 

 

野次馬根性でチケット売買サイトを覗くと・・・

 

まじか。

高すぎる。何だこれ。

 

 

以前、ジャニヲタになる前。

友人から「みんなで飲んでるから、おいでよ~」とお誘いがあり、たまたま近くの場所にいので急きょ参加することに。初対面の方もいらっしゃったので軽く自己紹介やらなんやらしながら場の空気に同化しようとしていた。

たまたま隣にいた男性と談笑をする中で仕事は何をしているのか?という話になった。

 

その男性は、普通のサラリーマン&副業をしているという。

好奇心旺盛なわたしは、副業について聞いてみた。

 

そしたら、その男性

「チケット売っているだけだよ」って。

 

チケットを売っているだけで副業が成立するはずがない。

そんなに世の中、甘くない。

むしろ人生って苦みのほうが多くないか?

 

 

詳しく問いただしてみると・・・

「チケットの転売」をしているとのこと。

 

 

 

とにかく、ジャニーズは儲かる。特に嵐。

自身でもジャニーズのファンクラブに入っているし、名義もたくさん持っている。

コンサートが決まれば、所持している名義の采配をし、どこの公演にどの名義をぶつけるのか作戦を練るそうだ。本人曰く「パズルを組み立てるようなもん、面白いよ」とのこと。

「俺、クロスワードとかパズルとかめっちゃ得意なんだよねwww」って。

その男性の口元が(笑)ではなくて、wwwになっていたのを見逃さなかったよ、わたし。

 

この男性、わたし、苦手。否、めっちゃ嫌いかも。初対面だけど。

 

当選すれば、そのチケットはすべてチケット売買サイトへ流す。

ここの席の相場はいくら、というように値段設定も管理しているそうだ。

ただ、最初は相場プラス10,000円~15,000円の価格で出品。

この時点で売れればラッキー、売れなかったら価格を下げればいいとのこと。

 

ここで、わたしはある疑問が頭の中に浮かんだ。

 

「もし、1枚もチケットが当たらなかったら、どうすんの?」

非常に人気のあるグループはもちろん、ジャニーズのコンサートなんか全滅なんてザラじゃないか。

 

 

この疑問を彼にぶつけると、爽やかに答えるのだ。

 

 

 

 

 

「エアー出品だよ、エアー出品」

 

えあーしゅっぴん?

はて?

どっかの外資系のお洒落なアパレルブランドみたいだな、おい。

 

 

 

詳細を伺うと、チケットが手元にないが、とりあえずチケット売買サイトへ出品する。

例えば値段は<30,000円>で設定しよう。

ここでポイントなのが、コメント欄に「転売防止のため、座席は伏せます。」など注意事項を記載するというのだ。

ここからが忙しいらしい。

オークションサイトやSNSを昼夜徘徊し、できるだけ安くチケットを調達する。

 

オークションサイトやSNSで<20,000円>で購入したチケットを

自身がエアー出品したチケット売買サイトで<30,000円>で売る。

単純計算で収支<10,000円>

 

その時、わたしはジャニヲタでも何でもなかったが、明らかに人の弱みや心の隙間につけこんだ手法であり、しかも世の若い女子たちを小馬鹿にしていることに憤慨し、トイレに行くと席を立ち、トイレから帰ったわたしはその男性からできるだけ遠い席に移動したのだ。

 

需要と供給があるから、わたしたちは生活できている。

そんなの百も承知だ。

売る人がるから買う人がいる。

買いたい人がいるから、売る人がいる。

 

年季の入ったジャニヲタさんに聞くと、転売行為は年々酷くなっているとのことだ。

 

ジャニヲタになってから、このチケットの転売の根の深さの実情を知ると机をちゃぶ台返ししたくなる。

机をちゃぶ台返しって日本語へんだ。

 

だから、事務所の偉い方々。

いまのシステムは、<転売屋育成システム>なんですよ。

 

もうそろそろこの辺で、チケットのシステムを構築しなければいけないと思うんですよ。

え?どんなシステムがいいかって?

ごめんなさい、低能なめぐまにはグッドでナイスでハッピーな案は浮かびませんが、何かしら転売に歯止めをかける方法はあるかと思います。もう一度言います。低能なめぐまにはグッドでナイスでハッピーな案は浮かびませんが、何かしら転売に歯止めをかける方法はあるかと思います。

 

www.usj.co.jp

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは対策として専門のチームを作っての数億円の算をかけて対応する。転売が明らかになったチケットと同じ人が購入した者はすべて無効にするなどし、転売チケットの8割は無効化ができるとみている。「チケットを無効化しない限り、転売は防げない。撲滅するまでやる」と徹底抗戦の意向らしい。

森岡氏、数億円を投じるというのだから本気具合がわかる。

 

めぐま個人的な意見として、システム構築にお金がかかって困っちんぐというのなら、チケット代が1,000円高くなっても構わない。

 

尋常ではない値段のチケットが飛び交い、それらに便乗した詐欺が横行するのも許せないし、悲しい。

実際、わたしも詐欺師さんと直接メールのやり取りをしたことがあるが(これは別記事にて)こんな出鱈目で詐欺を働いてしまうものなのか、こんなハチャメチャな流れで詐欺が成立してしまうものなのか、と怒りより呆れてしまったのである。

 

昨夜の友人のLINEから色んな感情が渦巻いて、長々とたどたどしい文章を書いてしまったが、一言でいうと

 

 

 

 

 

 

 

 

めぐま、めっちゃ怒っとる。

 

 

 

 

ジャニヲタするって悲喜交交だわ。