読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働かなければ。

働くジャニヲタ。働けジャニヲタ。

めぐま、スーツを買うの巻。

以前、小山さんのラジオ「KちゃんNEWS」にて増田貴久氏が

リクルートスーツが好き」と仰っていたな~

 

自担の手越さんは

「制服が好き」と仰っていたなぁ~

 

こんな回想をおとといの深夜ベッドの中で一人、ブツブツ言っていた。

 

制服か~~~、今更JKにもなれないし、コスプレ感丸出し。

場末の風俗になっちまうな。

めぐまちゃ~~~ん!ご指名入りました~~~~!!!60分コースで!!!ってか!

こりゃ、無理にもほどがあるZEEEEE!!!

 

 

 

ん?

 

 

そうだ、スーツを買いに行こう。

 

 

制服なんて着れやしない。JKにもなれない。

それだったら、消去法でスーツじゃないか!!!!

 

 

でも、今更リクルートスーツ アゲインしても仕方ない。

こちとら、立派なOLだよ!

 

数年前の合コンで仕事何やってるの?と質問されて「OLです!」とアンサーすると

「おしゃべり レディー?それとも、おしゃぶり レディー?」と笑えない返しをされたことを今思い出した。

 

 

 

まあ、いい。

とにかくスーツを買いに行こうじゃないか。

 

 

めぐま「すみません!スーツ欲しいんですけど!」

半端じゃない意気込み方に店員さん、すこし後方へのけぞる。

 

気持ち的には、リクルートスーツよろしく的なやつが欲しい。

 

だが。

 

ほら、ばりばりのリクスーを買っちゃって増田さんに凝視されたら照れちゃうし、照れている姿を手越さんに見られたら浮気になっちゃうし・・・。

 

 

 

だから。

事前にわたしは買いたいスーツのイメージを膨らませてスーツ屋へ足を運んだのだ。

 

 

イメージ 其の一。

http://blog-imgs-36.fc2.com/n/e/w/newstg1111/CAQWU98Y.jpg

 

個人的に、これが好きだ。

可愛すぎる。格好良すぎる。

可愛いと格好良いが混在して

大きなエネルギーになっている。

太陽光パネルも真っ青である。

 

 

しかし。

 

こんなパンチのあるスーツを着こなせるのは手越さんだからである。

目鼻立ちがくっきりいしていて、美しいお顔だからこそスーツが映えるし逆も然りであるのだ。

 

地味顔のめぐまがこんな存在感のあるスーツを着たら、地味顔がより地味になる。

ピカピカの小学一年生が大きなランドセルを背負っていると

「ランドセルが歩いているみたいね、うふふ。」と大人たちが比喩するように、

めぐまがこのスーツを着て外を歩くと・・・

 

 

ぎゃーーーー!!!

号泣!!!!

スーツがこっちに歩いてくるんだけど!!!

ママー!!!こわいよーーーー!!!号泣!!!

ママー!!!

平和な街が一転、スーツお化けが出る街としてワイドショーのレポーターが取材に来てしまう。

 

 

店員さんには「まず、イメージするためにスタンダードな黒いスーツを試着しましょう」と言われ渋々フィッティングルームへ。

 

先日行ったユニバのセサミ・ストリートのエルモも

「大切なのはイマジネーションさ」と言っていたな。

 

前述したように、わたしは地味顔。

地味顔を隠すために、胸下まである髪を軽く巻いている。

地味顔を隠すために、アイメイクはできるだけしっかりしている。

地味顔を隠すために、毎日フルメイクなのだ。

 

こんなわたしが黒で体のラインがフィットしたスーツを着ると、

典型的な企画物のアダルトビデオに出てくるスーツを着た女性である。

深夜残業をしていると、上司がやってきて。会社のデスクをベッド代わりにしてパンティ・ストッキング破られちゃったりコピー機に手をついて後ろからアレされちゃうアレです。

嗚呼これは、参った・・・と思いながら店員さんに「いかがですか~~~?」と手越ならぬ、カーテン越しに聞かれるが「少しAVっぽいので、脱ぎます。サイズは良かったです、はい。」と意気消沈した答えをしてしまった。

 

 

 

 

イメージ 其の二。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/70/62/4cda71055640c7fbf668fecee0b20e0b.jpg

 

ちょうど、手越さんに恋をした時期のものである。

手越さんは、この青いスーツを日本テレビの各番組で着用しており、そんな彼に恋してしまったのである。

初心忘れるべからず。

原点回帰。

 

というわけで、店員さんに「青っぽいスーツが欲しいんです。」と申し上げる。

本当は彼のように真っ青なスーツが欲しい。しかし、こんな真っ青なスーツは店には置いていないし、仮に置いてあったとしても購入希望者は皆無だと思う。

だから、わたしは少し表現をぼかして「青っぽい」と申し上げた。

 

すると、「青っぽい」スーツを何点か持ってきた。

デニムっぽい素材や、光沢のある素材、濃紺に近い色など様々だ。

迷っていると、店員さんが

「僕はこちらのスーツがおすすめです。これ、裏地が可愛いんですよ~~~」と言っている。

 

 

裏地?

裏地はあくまで裏地である。裏の生地である。

どこのどなたが めぐまのスーツの裏地に興味あるんだよ。

誰も見ないっつーの。

裏地がおすすめって初めて聞いたわ。

 

ある程度迷ってから、自分に一番合うであろうスーツに決めたのだ。

おすすめの裏地が可愛いスーツを選ばなくってごめんよ。

 

裾が少し長かったので、(足が短いともいうが)丈を調整していただくことに。

鏡を見ながら、調整していた店員さん。あることに気付いてしまった。

 

「腕、気になりますね・・・」と。

 

確かにジャケットの袖が少し長い。

というより、腕が短いのだ。

店員さん、こともあろうに<腕、気になる>って言葉を選ばずに発言するもんだから、ストレートに「腕、短いね」と言われたようなもんだ。

 

 

 

 

!!!!!

そうか!!!!

そうだったのか!!!!

 

 

 

 

 

 

今回のツアーで手越さんからファンサ貰えなかったのは

この腕の短さだったのか!!!!

 

 

 

腕の短さゆえに、

丹精込めて作成した団扇に

気付いてもらえなかったんだ!!!

 

 

 

腕を長くする方法を

Yahoo!知恵袋で質問してみます。